物件PRを書く前にまずターゲットを絞る~不動産WEBマーケティング

物件情報のPRコメント(セールスポイント/キャッチコピー)を書くのって苦労されていませんか?

・物件種別
・エリア
・交通利便性(駅徒歩分数)
・価格
・面積
・築年数

等々、数多くの項目とにらめっこをし、どのポイントをメリットとして訴求しようか毎回悩まれていることと思います。

「面積が30坪か。広いとは言えないし、価格も相場通りで何の特徴もない…」

物件PRコメントってどう書けばいいの?

しかし、

ターゲットを絞ってから、「何をメリットとして打ち出すか」を考えると意外とすんなり書けるものです。

例えば、

ターゲットが「都心の賃貸マンションが手狭になって一戸建てを狙っている30代ファミリー層」だとします。

そして、東京郊外の30坪の一戸建て物件の場合。

平均的な30代の所得では都心30坪の戸建てはそうそう買えませんし、通勤もあるので都心から遠すぎるエリアには最初から目もくれません。

そのお客様には「30坪の一戸建て=広い」と映るのです。

「庭付き」「3階建てじゃなく~~」でも十分メリット感があります。

郊外に店舗を構えている場合、「せめて50坪ないと広いとは言えないよなあ」と担当者の先入観で「あーでもない、こーでもない」と言っているケースが多い。

そこは、ターゲットのお客様目線で書いてしまえばいいのです。

もう一つコツがあります。

「ターゲット」という言葉は、実はあいまいなんです。

過去のお取引で一番上手くいったお客様「○○さん」の顔を思い浮かべてみてください。

そして、その「○○さん」にご案内するつもりでPR文を書き出すのです。

さらにスムーズに書けることと思います。ぜひお試しください。

今日の格言:

理想のお客様の顔を思い浮かべてから、物件PRを書く。

4月14日(月)第10回「不動産×WEBマーケティング勉強会」開催!!!

「ポータル依存からの脱却を目指す不動産会社様 必見!!!~スマホで勝つ!ためのサイト構築のススメ~」

【日 程】4月14日(月)17~19時
【場 所】渋谷ありんこオフィス 東急線「渋谷」駅 徒歩1分
【受講料】5,000円(税込)

>> 詳しくはこちらの チラシ(PDF)をご覧ください。
——————————————————-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする