WordPress(ワードプレス)で不動産ホームページを作る~不動産ネット集客

 
WordPress(ワードプレス)をご存知でしょうか?
 
WordPressは、世界的に最も普及している無料のブログシステムです。
 
 
このWordPressを利用して、無料で不動産ホームページのシステムが提供されています。
 
 
■WordPress不動産プラグイン
 
 
開発会社に頼らず、自分で好きにホームページを作ったり変更できたらいいのに!と思ったことありませんか??
 
WEBプロデューサーという肩書の私でさえよく思うので、日本全国で相当多くの方が同じ悩みを抱えていることと思いますが、もうエンジニアに頼らずに済む日が来るかもしれません。
 
 
この不動産プラグインには、7つの強み(ウリ)があります。
 
 
1.簡単にセットアップできる。
 
2.物件条件検索機能も標準装備。
 
3.物件情報をCSV形式で取込む事ができる。
 
4.GoogleMaps+ストリートビューで物件の位置情報を表示できる。
 
5.本来の「ブログ」としての機能もそのまま使用できる。
 
6.携帯・マップ等、追加プラグインで機能アップも簡単にできる。
 
7.不動産プラグイン専用サーバーなら導入簡単・快適運用が可能。
 
 
さらに、追加機能で、不動産ホームページでよく使われているものが用意されています。
 
・携帯サイト表示機能
・会員機能
・ローンシミュレーター機能
・マッチングメール
・PDF取込み機能 などなど
 
 
導入費用の最安は、レンタルサーバを契約して自分で設置することです。最近、サーバは数百円から借りられます。
 
 
※運営会社のほうでサポート付の「不動産プラグインクラウドサービス」というレンタルサーバも用意されています。
 
 ・初期費用:50,000円(税別)
 ・月額費用:15,000円(税別)
 
 
 
さらに、なんとポータルサイトを作るプラグインまで用意されています。
 
 
■不動産プラグインポータル
 
 
獲得反響件数がポータルに偏っている不動産会社さんは、ポータル依存脱却を目指して同業のグループや地域間の連携して、独自ポータルサイトを立ち上げるのも良いと思います。
 
 
ちなみに、武蔵が提供する「マルチユース」やいい生活の「いい物件One」などのASPサービスとの違いは、権利形態です。
 
不動産に例えると、ASPサービスが賃貸契約で、WordPressが売買契約(所有権あり)です。
 
保険に例えると、ASPサービスが掛捨てで、WordPressが積み立てです。
 
 
どちらもメリットがあると思いますが、ASPサービスをご利用の方は、中長期的視野に立ってぜひ一度ご検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。
 
 
弊社も今後研究して、そのうちにお役に立てるシステムをご提供したいと思います。
 
ご要望やご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。
 
 
 

WordPress不動産プラグイン

もう開発会社はいらない日が来るかも….

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする