システムを使って「成果」を出すのは誰の仕事か??

 
「顧客心理」について、深く考えさせられる出来事がありました。
 
 
今日、とあるシステム会社と打合せがありました。
 
 
そのシステム会社の営業担当いわく、
 
「うちのシステムを使えば、不動産ホームページの反響数を飛躍的に増やすことができる。成功事例も豊富にある」
 
とのことでした。とても楽しみにして伺ったのです。
 
 
しかし、残念なことにいつまで経っても一般論や他業界の話ばかり。
 
 
ついに最後まで、そのシステムを活用した不動産ホームページの成功事例を聞くことはできませんでした。
 
 
私は耳を疑いましたが、彼らは確かこんなことを言っていました。
 
「うちはシステム会社。それを使って成果を出すのは御社の仕事である」
 
 
・・・。
 
 
昨今、こんなに堂々と的外れなことを仰る方を久しぶりに見ました。
 
 
弊社マーサリーも自社システムを開発して提供していますし、受託開発も行っています。
 
クレド(信条)に「先義後利」と掲げています。
 
 
顧客がお金を払うのは「成果」や「価値」に対してであって、決して「モノ」や「システム」に対してではないはずです。
 
 
顧客が成果を上げるためのサポートを絶対に惜しんではいけない。
 
 
自戒を込めて、忘れないよう教訓としてブログにしたためておきます。
 
 
 
今日の格言:
 
顧客は「モノ」や「システム」ではなく、「成果」や「価値」に対してお金を払う。
 
 
 
システムは上手く使いこなせてこそ価値がある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする