不動産ネット集客~不動産探しもスマホの時代です

 
友人のスマホ関連コンサルタントに聞いた話です。
 
 
2008年8月(スマホがまだ全然普及していなかった時代)、インターネット接続のPCとケータイの割合は「73:27」でした。
 
 
それが、今年2013年8月には、なんと、
 
PC:ケータイ:スマホの割合が「49:4:47」に変わっているそうです。
 
 
特に、20~30代のスマホ率は高いため、業界や商品ごとに前述した割合も相当状況が異なるそうです。
 
 
つまり、飲食や美容などは、スマホ利用者の割合がすでに50%を超えているそうです。
 
 
不動産業界では「賃貸業界」はスマホ利用者が多いでしょうね。
 
 
「賃貸はそうでも、不動産売買は違う。高額で大事な買い物をスマホでするものか!?」
 
 
と仰る業界の方もお見かけしますが、それは違うと言い切れます。
 
 
まず、第一に「買い物(取引)」というのが、勘違いです。
 
お客様はネットを「物件探し」のために利用しているのであって「取引」はネットで行いません。
 
 
逆に、不動産事業者目線で言えば、ネットは「広告」ですから「魚群の濃いポイントに釣糸を垂らすべき」です。
 
「ネット広告」におけるユーザーの探す手段が、PCからスマホに移り変わっているという時代の変化に合わせて、もっと積極的にスマホ広告を活用すべきです。
 
 
第二に、「不動産情報サイト事業者連絡協議会」によれば、
 
20代の物件検索のスマホ利用者はすでに5割を超えています。
 
 
一次取得者の中心層である30代もすでに30%超です。
 
 
「不動産情報サイト利用者意識アンケート 2013年」(PDF)
 
 
不動産情報サイト利用者意識アンケート
 
 
 
時代の流れに合った広告・プロモーション戦略が求められています。
 
 
今日の格言:
集客が成功する会社は時代の変化に合わせて自らも変化する。
 
 

—————□■
【お知らせ】
  
11月25日(月) 17~19時 に原宿にて、
  
 『鳴らす会社の考え方』の著者 宮本裕大氏が語る
 「カットダウン運用術」で鳴るホームページを作る!
  
と題して、「第9回不動産×WEBマーケティング勉強会」を開催いたします。
  
  
ゲスト講師に、不動産専門HP制作会社ダイヤモンドメディアさんの不動産集客コンサルタントの宮本様をお迎えします。
  
詳しい内容はこちら。 
http://www.marsary.co.jp/pdf/seminar20131125.pdf
  
お申込みは上記PDFを印刷FAXしていただくか、下記フォームからお願いいたします。
  
http://marsary.co.jp/seminar_inquiry.html
  
□■—————

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする