トップページのリニューアル、あなたならどう進めますか?



すっかり、ひさびさの投稿になってしまいました。。


現在、クライアントである不動産会社のホームページのリニューアル案件に携わっています。



そのトップページに関する要件定義書に、以下のような内容を盛り込みました。



1.既存ページの課題


2.トップページの目的・役割


3.解析データ



課題は、大きく2つありました。



一つ目は、既存ページは3年前に作ったものなのでデザインが古臭くなっていたこと。これでは、お客様に対してブランド感を伝えることができません。


二つ目は、意図した通りに誘導が上手くできていないことです。


そういった主旨のことを、主観ではなく解析データと一緒に資料にしてご提示しました。

1.UU、PVだけでなく、直帰率や離脱率。

…さらに、検索エンジン経由の場合を分けて抽出したところ、リスティング広告経由の場合、同じトップページにも関わらず、2倍以上直帰率が高いことが判明しました。



2.表示にかかった速度

…許容範囲を超えていたので、具体的目標を据えました。



3.トップページから次にどのページに遷移したか

…意外に多く利用されている検索軸が見つかりました。その検索軸はユーザーニーズが高いということがわかりましたので、リニューアルではさらに目立つ位置に変更されることになりました。


いま挙げたデータなどは、全てGoogleアナリティクスで見ることができます。もちろん無料です。



見た目や感覚だけでなく(経験に裏打ちされた感覚も大事なんですけどね)、データを元にして課題を抽出し、その対策を提示するとプロジェクトの関係者全員の納得感が高いです。当然ですね。



御社のリニューアルは、どのように進めていますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする