ネット集客のコツは商圏とコンセプトを絞ること~不動産WEBマーケティング

昨日、母校の大先輩で不動産稲門会副会長の小俣さんを尋ねた際、経営学の本を勧められました。

浦郷義郎先生の『わかる! 使える! ホスピタリティの教科書』

まだ少しページをめくった程度なんですが、「ホスピタリティ」自体は外来の言葉でも、小俣さんや先生が仰るように日本古来の文化や考え方にぴったりはまるものですね。

「お客様に選ばれ、リピーターをつくための必須マインド」について書かれています。

つまり、「おもてなしの心」ですね。

私もあらためて学ぶ機会を頂戴して感謝です。ありがとうございます。

さて、

不動産ホームページでのネット集客のコツを一つご紹介します。

それは、「商圏とコンセプトを絞ること」です。

「○○沿線で1,000物件掲載」より、

「△△駅で100物件掲載。毎日情報更新!」のほうが、そのエリアで探しているお客様を獲得できます。

「商圏を絞れない」という方もいらっしゃると思います。

売主や専任物件が多かったり、競合のホームページが弱ければ、広くても集客を期待できるかも知れません。

しかし、それでも、○○沿線(または△△駅)の物件一覧ページを開いて物件が数件しかなかったり、二度目に開いた際に情報が更新されていなかったら、お客様は二度とそのホームページを訪れてくれなくなるでしょう。

まずは、商圏とコンセプトを小さく絞って集客を成功させてから、エリアを広げることをお勧めします。

入力にかけられるスタッフの手数や広告予算に応じて、自社はどの程度の範囲で勝負するか試行錯誤していくのがと良いと思います。

今日の格言:

ネット集客のコツは「エリアとコンセプトを絞ること」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする