ターゲットを絞り込むことが大事なのです~不動産ネット集客

 
「不動産に関することなら何でも相談に乗ります」
 
「○○エリアで物件数ナンバーワン!」
 
 
という不動産ホームページは多いのですが、はっきり言ってお客様には全然響きません。
 
なぜなら「何でもできる」は「何にもできない」「相談する気になれない」とお客様の目には映るからです。
 
 
今度は、違う分野のことを、探す側の立場で考えてみましょう。
 
ホームページの制作会社を探しているときに、
 
 
「WEB制作のことなら何でも相談に乗ります」
 
「デザインも広告も何でも任せてください」
 
 
という広告より、こういう会社に任せたいと思いませんか?
 
 
「不動産会社専門のWEB制作会社です」
 
「売買不動産会社専門のホームページを提供します」
 
 
住まい探しをされているお客様も同じで、「不動産のことなら何でも」ではなく、例えばマンションを探していれば、マンション情報が豊富に載っているホームページに問合せます。
 
ただし、マンションも戸建も豊富に載っているより、「マンションだけ」または「マンションが多く」載っているとか「マンション情報の写真やPR」の質が高いとか、そういったホームページを求めています。
 
あるいは、マンションの探し方や実際の見学時の注意点が大事を細かく教えてくれる記事があれば喜んで読んでくれるでしょう。
 
 
「マンションは管理を買え」という格言が業界にはありますが、管理のことまできちんと情報提供や解説をしてくれているホームページはあまり見かけません。あれば意外とヒットするかも知れませんね。
 
 
ターゲットを絞り込むのには勇気がいります。
 
他を捨てる、ということになりますから。
 
しかし、古来より「二兎を追うものは一兎も得ず」と言います。
 
鳴るホームページは必ずターゲットを絞っています。
 
 
絞り込む際の3つのポイントを紹介します。
 
 
1.御社の得意な物件は何ですか?(物件種別を絞る)
 
2.御社の得意なエリアはどこですか?(狭く絞る)
 
3.御社の得意な顧客属性はどれですか?(ターゲットを絞る)
 
 
「絞る」と言っても、主にホームページの作り込みのことを言っています。
 
 
WEB~商談の流れで一貫性は大事ですが、実際の営業活動においては、目の前のお客様のニーズにお応えすればよいと思います。
 
 
ぜひ試してみてください。
 
 
 
今日の格言:
 
成功するホームページは絞り込んでいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする