すぐ結果の出る反響対策(1)~不動産ネット集客

 

こんばんは。不動産ネット集客コンサルタントの長友です。

 

もうすぐ12月ですね。

 

年末が終われば、すぐ不動産業界の繁忙期が待っています。

 

さて、

 

繁忙期前にできる反響対策は知りたくありませんか?

 

 

繁忙期前にできる反響対策

 

中でも「入力フォーム改善」は一番のお勧めです。

 

お客様がお問い合わせをするときに、入力するフォームをいかに簡単で入力しやすいものにするか、が重要です。

 

さらに、入力フォーム改善施策の中で最も効果が上がるのは、「入力項目の数を減らすこと」です。

 

「反響の質を落とすことになるので、入力項目の数は減らしたくない」

 

という不動産会社さんもいらっしゃると思いますが、例えばこれはいかがでしょうか?

 

・「姓」「名」の項目を1つにする。

・「フリカナ」をなくす。

・電話番号の項目を1つにする。さらに「-(ハイフン)」ありなしのどちらでも入力可能にする。

 

これだけでも、すぐに反響数が増えます。

 

「「フリカナ」をなくすと、お客様のお名前を読み間違えたときに失礼はないか?」

 

と聞かれることもありますが、「ネット反響は、メールで対応することが多いし、初回のお電話では名前の読み方を聞けばいいのです」と私はお答えしています。

 

経験上、それで問題になったこともありません。

 

 

不動産ホームページの目的は、お客様との接点を増やすこと。つまり、より多くの反響を得ることです。

 

事例としては、これだけで、10%反響率が上がった不動産ホームページもあります

 

だまされたと思って、ぜひお試しください。

 

今日の格言:

反響数を増やしたいなら、入力項目はなるべく少なくする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする