【閑話】ナンバー2が性に合う

たまには、世間話を。ご容赦ください。

好きな漫画に大好きなキャラクターがいます。不良漫画『クローズ』の武装戦線四代目副頭 村田十三です。

武装戦線 村田十三

私は「自分はリーダータイプではなく、ナンバー2が性に合う」と思っています。

これぱっかりはタイプというか性格の問題なので、「できる」「できない」とか関係なく、どうにもなりません。

その分を超えてチャレンジすると、ほぼ間違いなくストレスを感じます。

そんなとき、「殻を破って成長するための過程」とポジティブにとらえるか、「タイプと違う仕事は誰かに任す」とさっさと切り替えるか、いつもとても悩ましいところです。

ちなみにですが、

いまの仕事はまさに「性に合った仕事」なんです。

不動産会社の社長さんにネット集客に関する「右腕」的な存在として、存分に力を発揮できるからです。

信頼して、仕事を任せてくださるクライアントの社長に感謝をしなければいけませんね。

と、

ひさびさに『クローズ』を立ち読みして、ぼんやりと考えていた今日この頃です。

さて、仕事に戻りますっ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする