商談数アップメールが住宅産業新聞に取り上げられて以来~不動産ネット集客

起業して3年来、マーサリーのネット集客支援事業は紹介100%で営業してまいりました。

ネット反響後の商談率(≒来店率)を上げるための営業支援ツール「商談数アップメール(通称SUM)」を切りだし、2015年4月に株式会社追客力として子会社化しましたが、おかげさまで好評を得ています。

商談数アップメールの記事が不動産専門誌一面に掲載

先日、住宅産業新聞さんの一面に取り上げていただきましたので、その後順調にお問い合わせや講演依頼を頂戴しています。

変な話ですが、不動産会社のネット集客を支援している弊社において、ようやくネット集客による営業活動が上手く機能しはじめています。

実は、不動産会社の集客セオリーもまったく同じです。

立ち上げ当初はなるべく属性の良いお客様や割の良い案件を追うべきなのです。そのために一番効率がいいのは「紹介案件」です。

知人友人を頼りに、ご紹介していただいたお客様にしっかり対応し、喜んでいただく。

そのお客様にまたご友人たちを紹介していただく。

多くの成功者が既存客を大切にする重要性について語っています。

まだまだ、わたしたちも成功の階段に足をかけられてもいない立場ではありますが、「目の前のお客様に全力で尽くすこと」を創業時からクレド(信条)に明記させていただいています。

売上もあがり、ある程度の規模にして、成功事例もできて、それからマスを狙ったプロモーション手法を確立すべきなのです。

住宅産業新聞に取り上げられました。『そねだたろうのブログ』より

株式会社追客力のホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする