ソーシャルメディアの偏差値を上げる~ネット集客

ソーシャルメディア(TwitterやFacebookなどのSNSなどのこと)で集客できないかなあ、と不動産営業マンのつぶやきを多く耳にします。

ソーシャルメディア集客力を上げるために、まずは基準となる指標(KPI)を記録することをお勧めしています。

例えば、

・投稿件数を記録する。※毎日1件以上 必ず投稿すること。
・Facebookの友達、Twitterのフォロワー数を記録する。
・Facebookのいいね!、TwitterのRTやお気に入りの獲得件数を記録する。
・ソーシャルメディアからホームページまたはブログへの誘導数を記録する。

営業活動も同じだと思います。反響本数、商談数、成約数、成約平均単価などを数値を比較、推移を見て、傾向と対策を打ってレベルアップを図りますよね。

さて、

ソーシャルメディアの影響力を示す偏差値として世界で広まっている「クラウト」というサービスがあります。

クラウト(Klout.com)

独自のアルゴリズム(方程式)で影響力の質や量を測定して「スコア」(偏差値)として提供しているツールです。

世界中のソーシャルメディアのユーザーがこの「クラウトスコア」を上げるために躍起になっています。

だいたい普通にTwitterやFacebookをやっている方の場合、スコアは30台です。

浜崎あゆみさん、Gacktさんなどタレントでソーシャルメディアをがんばっているが80台。

ソーシャルメディアのコンサルタントを生業としている方で60~70台くらいです。

※日本では「ソーシャルリーダーズ」というサービスがあります。お参考にどうぞ。

■日本のソーシャル影響度100人(Socialleaders.jp)

私はと言えば、最高が67で、最近はしばらく56~58くらいで低迷していました。

そして、本題。

どうすれば、クラウトスコアを上げることができるのか?

その王道の一つとして、たくさんの人からいいね!をもらうことです。Twitterでいえば、RTやお気に入りをつけてもらうことです。

例えば、誕生日という一年に一度の機会を利用して、多くのいいね!獲得を狙ってみましょう。

昨日3月3日は私の35回目の誕生日だったのですが、Facebookでメッセージやタイムラインへの投稿で200人以上の方からお祝いのコメントを頂戴しました。

そうすることで、翌日にはあっという間に60を超えました。

誕生日を利用してクラウトスコアを上げる

ちなみに、少しいやらしい話になってしまいますが、そのための仕掛けをきちんと用意したのでした。

・誕生日前夜…「34歳最後の夜です」からはじまる誕生日予告を投稿

・誕生日当日…バースデーケーキの写真とともに謝意をつづった投稿

・誕生日翌日…たくさんのメッセージを頂戴したことに謝意を伝える投稿

これらの投稿が、友人たちからの共感を得て、合計400件以上のいいね!と100件近いコメントを頂戴することができました。

クラウトスコアを上げれば、いろいろいいことがあるんです。

クラウトスコアが高いというのは、ソーシャルメディア上の影響力、PR効果が高いということです。

例えば、「いい物件が出た!」というここぞのタイミングで情報を投稿・シェアするとか、

「税制が変わる影響についてお気軽に聞いてください」と呼びかけた場合に、PR効果が高ければ多くの方に届くということです。

つまり、クラウトスコアを上げれば、ソーシャルメディア上の集客力がアップするというわけです。

※あまり頻繁に宣伝行為をすると友達を失いますからご注意ください。私は仕事の話題を、1/10程度にしています。

ぜひいろんな機会を利用して、クラウトスコアをジャンプアップさせる仕掛けを研究してみましょう。

今日の格言:

クラウトスコアを上げて、ソーシャルメディアの偏差値を上げる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする