ランチェスター経営戦略を不動産×WEBマーケティングに活かす

 
先日、ランチェスター経営戦略の大家 竹田陽一先生と栢野克己先生のセミナーを立て続けに聞く機会に恵まれました。 
 
せっかくなので、不動産業界のWEBマーケティングに活かしたいと思います。 
 
まず、ランチェスター経営戦略で特に重要と言われているのが、以下の「8大要因」の紹介です。 
 

1.商品
 
2.地域
 
3.客層
 
4.営業(新規開拓)
 
5.顧客維持
 
6.組織
 
7.財務
 
8.時間
 
 
中でも、
 
最も重要とされている「1.商品」「2.地域」「3.客層」の3項目を 自社(自社を取り巻く環境)に置き換えて考えてみましょう。
 
「1.商品」
 

・・・言うまでもなく不動産ですが、「種別」や「価格帯」を軸に自社の得意とするセグメントを定めましょう。
 
 
「2.地域」
 
・・・事業規模により、物理的な「商圏」の範囲を定めます。「○○エリアなら一番」というくらいまで絞り込みましょう。
 
 
「3.客層」
 
・・・上記の2点によって自ら決まっていきますが、明確にしておくことが必要です。
 
 
今後、いくつか成功企業をこのフレームワークに沿って紹介していきたいと思います。
 
 

ランチェスター経営戦略の大家竹田陽一先生

ランチェスター経営戦略の大家竹田陽一先生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする