リスティング広告費を半分にしました。~不動産ネット集客~

今日は、毎月100万円のコスト削減に成功した話です。

首都圏のA社様のケーススタディ。なんと、コスト削減した総額は1,200万円。すごい金額です。

テーマとしては「リスティングの費用対効果の検証」という事例です。

それから、今日はリトマス試験紙つき。しかも2種類あります。

リトマス試験紙1「リスティング広告の費用を見直す2つの方法」。

リトマス試験紙2「リスティング広告でムダづかいしている代理店の見分け方」。

心当たりのある方、お急ぎの方は、下から読んでくださってもOKです。

では、さっそく本題へ。

2013年秋ごろの話です。クライアントは、営業が十数名の売買専門の仲介会社です。

A社長はある種、贅沢な悩みを抱えていました。「反響があり過ぎて困る」というものです。より正確に書けば「商圏外の反響が多い」というもの。例えば、埼玉の物件なのに、遠く大阪や北海道からもホームページに反響がきていました。しかも成約の見込みのほとんどない、冷やかしに近い反響です。

営業の方はおかしいなーと思いつつ、1件ずつ丁寧に対応していらっしゃいました。社長をはじめ、社員のかたは誠実な印象の方が多いんです。

しかし、専門家の立場で冷徹に費用対効果を推測すれば、予想外の反響はありがたいですけども、商圏外の反響はどうなのでしょうか。ほとんど集客や成約の見込みのない作業に営業の手間がとられるわけですし、特にリスティング広告ではユーザーが広告をクリックするたびに課金されてゆくわけですから。

【マーサリー前】

ホームページに反響がありすぎて困る。しかし、薄い反響が多いとのこと。A社長より相談を受けてアクセス解析をおこないました。

課題が2つ見つかりました。

1:アフィリエイトサイトからの流入が少なからずありました。

2:リスティング広告が商圏以外のお客様に掲載され、クリックされていました。

そこで、リスティング広告に関しては配信エリア設定の見直しを代理店に指示したのです。

【マーサリー後】

1:商圏外からの反響がぴたっと止まりました。代理店は、故意に大阪や北海道からクリックさせていた可能性も。

2:それによって毎月200万円を投入していたリスティング広告費は、半分の100万円になりました。なんと100万円のコスト削減。しかも集客数・成約数は変化なし。つまり毎月100万円がムダになっていた可能性。代理店リテラシーを身につければ、この金額がまるっと削減できるのです。

100万円×12か月=1,200万円。すごい数字です。

「数字」と「声」で語るのがマーサリーの基本コンセプトですから、A社長からいただいたお言葉を。

「びっくりだよ。予算半分にしても、効果が変わらないんだね」
「マーサリーさんがきてから、数字がよくなった。ありがとう」

といったところです。

【技術的な解説】

一言でいえば、リスティング広告に関する最低限の知識を持つことをお勧めします。

具体的にいえば、Googleアナリティクスの設定をしてください。ポイントは、リスティングとSEO(自然検索)のアクセスの切り分け。

基本の設定では、「Googleの広告」と「Googleの自然検索」はごちゃまぜになっています。それぞれ別に分析しなければPDCAサイクルを改善させることはできません。ヤフーも同様です。

と、ここまでブログを読んでくださったかたが、もし他人事だと思っていたら、そうとも限らない場合が多いのです。そこで、他人事か自分事かチェックできる方法をお教えします。

【リトマス試験紙その1】
リスティング広告の費用を見直す2つの方法。
いますぐ電話をかけて、下記の2点を出入りの代理店にオーダーしてみてください。

1.リスティングの配信設定エリアの見直し。

2.Googleアナリティクスの「リスティング」「SEO(自然検索)」の切り分け。

そして、必ずオーダー前、オーダー後の数字をチェックしてください。

【リトマス試験紙その2】
リスティング広告でムダづかいしている代理店の見分けかた。

前出の1と2を指示したら、声のトーンや表情も観察してください。恐らく下記のような回答が予想されます。

※回答のタテマエ→ホンネという順番です。以下のような回答をしたら、遺憾ながらイカンというわけです(笑)

想定回答1「できません」(ホンネ:わかりません)。評価:技術レベル低し。

想定回答2「やっても意味がないです」(ホンネ:めんどくさい)。積極性低し。

想定回答3「ウン十万円かかります」(ホンネ:相手はわからないだろうから、ふっかけておこう)。ちなみに、わたしがやれば作業時間は15分間程度です。

想定回答4「わかりました」(ホンネ:やりますけど気づかれたかな、という可能性)。拍子抜けするほど素直な場合、逆に誠実度ゼロの場合も。

長友の一言。

高価なリスティングに効果はあるか。リトマス試験紙で年1回は棚卸しを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする