アクセス解析について講演【賃貸を考える会】

 

昨日、「第196回 賃貸を考える会」でアクセス解析に関して、2回目となる講演を行いました。
 
アクセス解析と聞くと、小難しい話だと敬遠される方もいらっしゃいますが、要するに、

 

 

「アクセス解析=ホームページの健康診断」です。

 

 

アクセス解析データ(診断結果)を元に、ホームページのボトルネック(患部)を改善・解消(治療)しましょう と強くお勧めしています。
 
 
元ホームズの私が言うのも変な話ですが、

 

不動産業界は、ポータルサイトからの反響割合が高くてリスキーだと思います。

 

ホームページやソーシャルメディア経由の反響を増やして、ポータル以外の集客の柱を作り、依存体質からの脱却を目指すべきではないでしょうか。

 
 

以下は、講演内容の目次です。
 
————————-

1.鳴らす会社の「考え方」

 

2.取り組むべき順番とは

 

3.訴求ポイントは物件?

 

4.ユーザーは最初に見たホームページで問合せをしない

 

5.比較検討層の大好物

 

6.コンセプトと商圏を絞る

 

7.ファネル理論 (※注)

 

8.UCCの法則

 

9.ユーザー分析 ~ユーザーの分布~

 

10.ユーザー分析 ~キャリア別訪問数~

 

11.トラフィック分析 ~時間帯別訪問数~

 

12.トラフィック分析 ~日別訪問数~

 

13.トラフィック分析 ~参照元別訪問数~

 

14.コンテンツ分析 ~ランディングページ~

 

15.EFO(入力フォーム最適化)施策のご紹介

 

16.アクセス解析データを利用して歩留りを上げる方法

 

 

(※注) 不動産業界における「ファネル理論」については、『そねだたろうのブログ』でさらに詳しく解説していますのでご参考にどうぞ。
 

「 HPで問い合わせを獲得する流れを把握していますか? アクセス解析ファネル」

 

————————-

 

 

 ポータル依存から脱却したい不動産会社様必見!
~自社ホームページの反響を増やすアクセス解析~

 

・開催日時:2013年6月17日17~19時

・開催場所:LEN貸会議室 丸中ビル3F 会議室C (御茶ノ水駅徒歩1分)

・参加費:5,000円

 

>> 詳しくは コチラ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする