開業時にはUSPをお勧めします~不動産ネット集客

 
 
今日、友人の紹介で今度起業をされる方とお会いしました。
 
元々、大手ハウスメーカーや信託系不動産会社で抜群の営業成績を収めていたとのこと。
 
いろいろな夢を聞かせていただいて、その熱い思いにとても共感を覚えました。
 
 
ところで、「USP」(ユニーク・セリング・プロポジション)というマーケティングの概念・用語をご存知でしょうか?
 
 
「USP」というのは、
 
1.顧客が望んでいて
 
2.競合他社が提供しておらず
 
3.自社しか提供できないこと
 
この3つのポイントを抑えた商品やサービスを提供することです。
 
つまり、独自のウリをしっかり定めるということです。
 
USPを築き上げれば、競合他社に負けない会社になることができます。
 
 
不動産業界でも、USPで成功している会社があります。
 
 

【1】FPセミナー集客で成功している売買仲介会社の例

 
1.顧客が望んでいて → お金の不安に相談に乗ることを約束
 
2.競合他社が提供しておらず → FP関連の豊富な事例をHPに掲載
 
3.自社しか提供できないこと → 社長含め社員全員がFP有資格者
 
… FPを軸にしたセミナーマーケティングの”走り”で、エリアで一気に大手と肩を並べるまでに成功しました。
 
 
 

【2】売却専門をウリにしている仲介会社の例

 
1.顧客が望んでいて → 物件を高く、または早く売ることが得意
 
2.競合他社が提供しておらず → 両手狙いの弊害についてHPに掲載
 
3.自社しか提供できないこと → 平均200万円高く売れる実績をアピール
 
… 書籍を出版し、エンドユーザーへの啓蒙活動に力を入れ、支持を得ています。全国でFC展開中です。
 
 
 
どちらも、単にネット上でお客様に受けるコンテンツを作っているわけではありません。
 
 
競合他社とビジネスモデルで差をつけているのです。
 
2の競合他社との差別化が図れていなければ、競争や消耗戦に巻き込まれてしまいますし、
 
1と2だけで、3.自社ができることを逸脱して理想論になっているとお客さんに会えても契約は取れません。
 
売る側の論理だけで、1.顧客のニーズを外すのは、、、論外です。
 
 
1と2と3を全て満たすサービスやビジネスモデルでなければならないのです。
 
前述した起業をする方にも、このUSPの概念をお勧めしました。
 
 
遠方の方だったので、次お会いできるのがいつになるかわかりませんが、成功をお祈りしています。
 
 
今日の格言:
 
成功している会社は強固なUSPを築いている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする